個人セッションQ&A

Q.催眠状態に入ったら意識はなくなるのですか?

A.意識がなくなることはありません。催眠状態に入っても意識ははっきりとしています。
周りの音も聞こえますし、自分の意思で体も動かすことができます。
だから、嫌なことや自分の意に反することをすることはありません。
そして、催眠状態で起こったことはすべて覚えています。

時々安心して眠ってしまう方もおられますが、眠ってしまうとヒプノセラピーができませんので、お声かけさせていただきます。安心してください。

Q.きっと私は催眠にはかからないと思うのですが?

A.私たちはふだんの生活の中で一日のうちに12、13回催眠状態になっていると言われています。
「催眠にかかる」と言うといったいどんな状態なのだろうか?と何か得体の知れないものを感じるかもしれませんが、「催眠にかかる」というよりは、「リラックスして、『イメージ』を広げていく」という感覚で考えていただければ楽な気持ちでセラピーが受けられるのではないかと思います。

Q.何回くらい通えば、よいのでしょうか?

A.体験者によって様々ですが、1回のセッションでも変化や気づきはおこります。
続けて通うようにと、無理な勧誘を行うような事は決してありませんのでご安心下さい。
状態にもよりますが、何回も通う方もいらっしゃいますので、やっていくうえでご相談させていただきます。

Q.催眠状態から抜けられなくなることはないですか?

A.催眠状態から抜け出せなくなることはありません。
施療後にスッキリと目覚めるという覚醒暗示を行いますので、お帰りの際に車に乗っても眠くなってしまうなどの症状はあらわれません。
お車でお越し頂いても大丈夫です。

Q.現在病院にかかっていますが、何か問題はありますか?

A.基本的に病院に通ってある方(心理的な病院)は、医者の同意書が必要となってきます。
特に精神的疾患をお持ちの方、または、薬物を服用されてある場合は、セッションをお受けできないことがあります。
アルコール依存症の方のセッションも行っておりません。

Q.家族には内緒でセッションを受けたいのですが。

A.セラピストには守秘義務が義務付けられておりますので安心してお受けになれます。
但し、危険性が伴う場合や警察からの依頼があった場合等はその範疇ではございません。

Q.前世療法って宗教ですか?

A.日本こころカウンセリング協会は宗教とは一切関系ありません。
しっかりした認定資格を取得した者が、心理療法を施しております。
宗教の勧誘行為等は一切行いませんのでご安心下さい。
アメリカの著名な精神科医ブライアン・L・ワイス博士によって世界中で多くの方に認知された「催眠療法」のひとつが「前世療法」です。
日本こころカウンセリング協会の前世療法もワイス博士に直接指導を受けたセラピストが心理療法を施していきますのでご安心ください。

Q.どのように前世が見えるのでしょうか?

A.催眠中の見え方は人それぞれです。
例えば、『今、花をイメージできますか?』、『その花はあなたにはどう見えていますか?』このような質問をさせていただくと映画のようにはっきりと見えるという方もいらっしゃいますが、なんかぼんやりとしか見えない、なんとなくしか感じない。
または音で感じる人もいれば、触覚、肌で何かを感じる人もいます。
見え方は人それぞれですが、きちんと正しくヒプノセラピーが理解できれば、納得頂けるものが見えてくるでしょう。
他にも気になること、相談したいことなどございましたら、お気軽にメールください。